ページ上部へ戻る

家具木工用語辞典

2019年12月02日(月)

メラミン化粧板とは-安くて汚れに強くて種類も豊富[硬質、耐熱性・耐水性・耐候性・耐摩耗性]

旭川木工センター



メラミン化粧板とは樹脂含浸紙( 表面はメラミン樹脂、中心部はフェノール樹脂 )を浸透させた紙を何層も重ね合わせた耐久性のあるプラスチックの板材のことです。

板の厚さは約1mmで、木目や色柄をプリントし、芯材に貼り付けることでテーブル天板として仕上げています。木は一切使われいません。

かなり硬質で耐熱性・耐水性・耐候性・耐摩耗性に優れており、加工しやすいという特徴を持ちます。

業務用のテーブル天板やカウンターの表面材やキッチンの天板・家具など幅広い業種で使用されています。鍋の取っ手や断熱材としても使用されています。

汚れにも強く油汚れ、油性ペンの汚れも落とすことができます。

カラーも豊富で無地、木目、大理石、レザー調、豊富なデザインラインナップがあります。

安価なものが多く天然木を一切使わないでの材料費が安く済んでいます。
天然木を使ってないので、風合いに若干の違和感があるかもしれませんが、個人の趣向に範囲だと思います。

ハサミやカッターナイフでは切断できないので、専用のカッターや目の細かい建材用のこぎりで切断します。

研磨剤としても使われています。
高電気絶縁性に優れているので、電子部品・半導体にも使われています。