ページ上部へ戻る

失敗しない家具選び

2020年09月28日(月)

【新婚】失敗しないダイニングテーブルの選び方

旭川木工センター


カンディハウス / テン ダイニング EXソリッドテーブル

 

新婚の方におすすめの、失敗しないダイニングテーブルの選び方をご紹介します。

新生活に向けた家具選びはとても悩んでしまいますよね。

長く使うダイニングテーブルはどのように選べば良いか、ポイントをまとめました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

ダイニングテーブルを選ぶポイントサイズ選び

コサイン / ダンランテーブル 140

 

サイズ選びは、ダイニングテーブルを選ぶときの重要なポイントです。

新婚生活の始まりを考えると、2人がけのダイニングテーブルを見る方も多くいるでしょう。

しかし、2人がけのダイニングテーブルは、使ってみると意外と小さく感じるものです。

 

サイズ選びの際は、生活する上で考えるポイントがいくつかあります。

 

・将来家族が増えること

・来客があること

・食事以外にも使用すること

 

このようなことを踏まえると、大きめのサイズを選ぶのがおすすめです。

2人で使ううちは大きく感じるかもしれませんが、4~6人がけのダイニングテーブルが良いでしょう。

 

ダイニングテーブルを選ぶポイント素材選び

MUKU工房オリジナル / M-ダイニングテーブル

 

ダイニングテーブルを長く使うには、素材選びも大切なポイントです。

使いやすい素材をご紹介します。

・木製

メーベルトーコー / HUG DINING TABLE

 

木製のダイニングテーブルなら、長く使うほど味が出てきます。

特に新婚生活から将来子供が大きくなるまで、思い出が刻める無垢材がおすすめです

しかし、無垢材は高額なのが気になる方も多いでしょう。

 

もう少し安く購入したい方には、木製風の素材がおすすめです。

作られた人工的な木は強度が高く、小さい子供がいても安心して使えます。

反りや割れも無垢材と比較して少ないのも、嬉しいポイントです。

 

ガラス

MUKU工房

 

ガラステーブルは見た目がおしゃれなだけでなく、表面の強度が非常に強くできています。

また、傷が付きにくく、汚れても落としやすいというメリットもあります。

食器や物を置くときに音が気になる方は、クロスを使えば解決できます。

 

失敗しないダイニングテーブルの選び方まとめ

 

新婚の方におすすめの、失敗しないダイニングテーブルの選び方をご紹介しました。

サイズや素材選びが重要なポイントです。

2人で使うことだけで選ばす、将来的に長く使えるダイニングテーブルを選びましょう。

 

【今回紹介したテーブル】

カンディハウス
コサイン
MUKU工房
メーベルトーコー