木工センターの沿革

昭和41年(1966年)に有志企業13社により、工場・敷地の狭隘環境の改善と、相互協力によって企業体質を高度化する事を目的とし、協同組合旭川木工センターが立ち上げられました。現在は家具・クラフトメーカー、建具メーカー、木材メーカーなど多種多様の11社の企業が加盟しています。
昭和41年6月協同組合旭川木工センター設立総会組合設立登記(13社)初代理事長 山室胤(山室木工)就任
昭和41年7月事務所を旭川市商工部内に設置
昭和42年11月事務所を永山へ移転(現メーベルトーコー)
昭和44年6月総合落成式
昭和58年第2代理事長 長原實(インテリアセンター/カンディハウス)就任
昭和60年7月第一回モクモクフェスタ開催
昭和61年木工センター初代マスコットキャラクター誕生
昭和61年7月創立20周年記念式典
平成15年第3代理事長 三浦邦昭(太陽工業)就任
平成21年第4代理事長 渡辺直行(カンディハウス)就任
平成25年第5代理事長 星幸一(コサイン)就任
平成26年4月木工センター2代目マスコットキャラクター、モックン・モッチャン誕生
平成27年6月旭川木工センターホームページ開設