山室木工株式会社

戦時中の昭和19年(1944年)に創業された山室木工では、当時は海軍監督工場として兵器の生産に従事していました。その後終戦とともに家具作りへと移行し、戸棚・下駄箱・机等の大量生産から始まり、徐々に応接セットなど小ロットかつトータルインテリアの製作を行っています。木工センターには創立当初から組合に入り、山室木工創業者の山室胤氏が組合の初代理事長を務めています。現在では北海道産木材を使用し、民芸家具から近代的なデザインの家具まで幅広く製作しています。