ページ上部へ戻る

失敗しない家具選び

2021年08月23日(月)

【初心者必見】失敗しない木製家具の選び方や配置のコツを紹介!

旭川木工センター


失敗しない木製家具の選び方や配置のコツを紹介!

おうち時間が定着してきた昨今、家の雰囲気をグレードアップしたいと思う方も多いのではないでしょうか?その中でも木製家具は何とも言えない高級感を感じますよね。

しかし、あまりインテリアに詳しくない、どんな家具を選んだら良いのか分からない!

そんな初心者の方のために木製家具を選ぶポイント、レイアウトのコツをご紹介します!

憧れの旭川家具も後半でご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【こんな人に読んでほしい】

  • 今度の新居ではコーディネートにこだわってみたい
  • 木製家具のある暮らしに憧れている
  • 家具の配置でいつも迷う(しっくりこない)
  • おすすめの木製家具を教えてほしい
  • 木製家具で有名な旭川に興味がある

超基本!絶対に外せない木製家具を選ぶポイント

① お部屋のイメージに合わせる

お部屋のイメージに合わせる

お部屋の雰囲気は建物によって異なります。壁は白かったりグレーだったり。フローリングもアイボリーやウォールナット調など色合いが様々ですよね。

お部屋の色合いも明るく、全体的に明るい雰囲気にしたい場合は明るい色の木製家具の購入をオススメしますし、明るい色合いの部屋に対してメリハリをつけたい場合はシックな色の木製家具を置くのもアクセントになってオシャレ度が増すでしょう。

② 同じ素材で統一感をだす

同じ素材で統一感をだす

ソファは暗い色、テーブルは明るい色、棚はその中間の色…と木製家具の素材や色合いをバラバラにしてしまっては散った印象になります。

同じような色合いで集められると統一感がでますが、一番簡単なのは素材で統一することでしょう。そうすると木目の種類もバラバラになることはないのでより簡単にお部屋に統一感んを出すことができます。

③ 背の低い家具を選ぶ

背の低い家具を選ぶ

家具選びにはサイズ感も非常に重要になってきます。色が濃く背の高い家具を選んでしまうとお部屋に威圧感を感じてしまい落ち着かないお部屋になってしまうでしょう。

背の低い家具を選定することで空間に広がりを感じることができ、狭いお部屋なら広々した空間を演出することが可能です。

プロがおすすめ!木製家具レイアウトのコツとは

① 奥に向かって低い家具を設置する

奥に向かって低い家具を設置する
引用:https://www.condehouse.co.jp/

空間は奥に行くにつれて物が小さく見えるようになってます。その原理を利用して、大きい家具は手前へ、小さい家具や背の低い家具は奥に配置すると空間自体に安定感が生まれます。

具体的には、背の高い棚やクローゼットは手前、奥にはサイドテーブルやベッドなど低い家具を置きます。

そうすることでドアを開けた瞬間から空間に歪を感じず安心を与えられるのです。

② 木製の収納家具で空間を仕切る

木製の収納家具で空間を仕切る
引用:https://www.condehouse.co.jp/products/detail.php?product_id=67&category_id=22

狭いお部屋やベッドが見えてしまうお部屋はお客さんにはできるだけ見せたくないですよね。そんなときに便利なのがパーテーションです。パーテーションがあれば、見せたくない部分を隠して空間を仕切ることができます。

更にパーテーションの代わりに木製の棚を置いてみてはいかがでしょう?棚には日用品を奥だけではなく、グリーンなどの植物を沿えることでナチュラルな空間も演出することが可能です。

③ 壁や床を見せることで抜け感を作る

壁や床を見せることで抜け感を作る

壁にたくさんの飾りをつけていたり、床に物が散乱していたら狭苦しい印象を受けませんか?実際に床を掃除して広くするだけで開放的な気持ちになりますよね。

壁や床にものを置かず、見せることを意識すると空間に抜け感が生まれ、コンパクトなお部屋でも広々した空間を作り出せます。入口から対角線上にスペースを設けると、より広々スッキリとした印象になるでしょう。

カンディハウスのおすすめ木製家具2選


引用:http://www.condehouse.co.jp/products/detail.php?product_id=621&category_id=14

KINA LUX キナ フロアー U

スツールやオットマントとして使える強度がある「KINA LUX」はオブジェのような姿でお部屋のアクセントにもなります。

背の低い家具ですので、お部屋の奥の方に配置しても、シンプルな部屋を引き立てるような存在感を放つでしょう。


引用:http://www.condehouse.co.jp/products/detail.php?product_id=500&category_id=22

MOLA LUX シェルフ120(L)

たくさんの本や好きなものを棚に集めると、どうしても雑然としがち。しかし、MOLA LUXのシェルフなら、過度に整えすぎず、でも美しく配置できる一点です。

棚の仕切りが細いため、横のラインを美しく強調することができます。シンプルでスタイリッシュなお部屋にピッタリですね。

【企業情報】

カンディハウス旭川

〒079-8509

旭川市永山北2条6丁目

TEL:0166-47-9911

サイト:http://www.condehouse.co.jp/

Instagram:@condehouse_official

Youtube:カンディハウス/CondeHouse

コサインのおすすめ木製家具2選

Liite(リーテ)
引用:Cosine/Liite

Liite(リーテ)

リビングとダイニングを一体化できるテーブル・椅子を置くことで生活スペースに余白が生まれ多目的な空間が生まれます。

テーブルと椅子がセットになっているので、これだけで統一感が生まれますし、子どもが勉強している傍ら隣りで本を読んだりとリビングで家族と過ごす時間が増えそうですね。

マインスツール
引用:Cosine/マインスツール

マインスツール

背もたれがないスツールですが、座面のウェーブがお尻にフィットして疲れにくい形状になっています。

キッチンにインテリアとして置きつつもちょっと腰掛けたり、ベッドのサイドテーブルとしてスマートフォンを充電したりと様々なようとに使えそうです。木材もメープルとウォルナットの2種類あるのでそのお部屋の雰囲気にあわせて選べますね。

【企業情報】

株式会社コサイン

〒079-8453

旭川市永山北3条6丁目2-26

TEL:0166-47-0100

サイト:https://www.cosine.com/

Instagram:@cosine_from_asahikawa

Facebook:https://www.facebook.com/cosine1988/

メーベルトーコーのおすすめ木製家具2選

MT-01 SOFA
引用:https://mtwebshop.com/view/item/000000000052?category_page_id=ct57

MT-01 SOFA

フレームデザインが特徴的なMT-01 SOFA。シンプルさも持ち合わせているので明るいお部屋なら落ち着きを感じさせ、フローリングが壁の色が少し暗めならよりシックな演出ができます。

MT-01 SOFA

背面にもデザインが施されているので、リビングとダイニングの間仕切りや空間の雰囲気を変えたいときにも演出を手助けしてくれるでしょう。

引用:https://mtwebshop.com/view/category/ct7

HUG CHEST

「明るい雰囲気にしようと明るい家具ばかり揃えたらなんだか殺風景になってしまった…」

こだわりを追求しすぎた結果、そんなちょっとした失敗をしてしまった方もいるのではないでしょうか?

HUGチェストならその印象を払拭してくれます。

一度見たら忘れない個性的なデザイン。一見ポップな印象をもちますが、それぞれの木材がもつ自然の色で表現しているので、和洋合わせやすいのです。そして個性的にも関わらず、不思議と飽きがこないのも魅力です。

お部屋のアクセントとして一気に空間を引き締める存在になるでしょう。

【企業情報】

メーベルトーコー

〒079-8453

旭川市永山北3条6丁目4-32

TEL:0166-48-8222

サイト:https://mobeltoko.co.jp/

まとめ

今回は、木製家具の選び方や配置のコツ、オススメの家具を紹介してきました。

1966年に誕生した「旭川木工センター」は、国内・海外を問わず有名な“家具のまち”旭川を支え続ける一流の家具メーカーが集まっています。

この記事で紹介しきれなかった素敵な家具はまだまだ他にもたくさんありますので、ご興味のある方はぜひご覧ください!

⇒旭川の家具やメーカーのことをもっと知りたい

­