ページ上部へ戻る

木材

2021年05月29日(土)

家具選びに役立つ 三大銘木【ウォールナット・チーク・マホガニー】無垢材の特徴と種類を解説

旭川木工センター


みなさん、世界三大銘木というものがあるのをご存じでしょうか?
世界には様々な三大○○が存在しますが、木材にも三大銘木が存在します。
こだわりの家具を選ぶ際には、デザインだけでなく素材の持つ美しい木目や色合い、材質にもこだわりたいところ。

そこで、今回は世界三大銘木の「ウォールナット」、「マホガニー」、「チーク」についてご紹介いたします。

 

美しい木目と耐久性・加工性に優れた人気の【ウォールナット】無垢材の家具

引用元:メーベルトーコー

高級感のある見た目と加工のしやすさが魅力のウォールナット。
ゆっくりと何年もかけて成長するので、木目は細かく締まってとても堅く、家具にした時にゆがみや収縮が少ないことがウォールナット無垢材の特徴です。扱いやすく重厚感があるので、様々な家具に使われており、最も人気のある木材とも言われています。

 

ウォールナット 無垢材の特徴

ウォールナットはクルミ科植物の木材で、一般的に「ブラックウォールナット」のことを指します。
主な産地は北米東南部とアメリカ東部で、その特徴はなんといっても高級感のある美しい木目です。水に墨を落としたように広がる木目を縮杢(ちぢみもく)といい、ウォールナットの縮杢(ちぢみもく)は茶色が濃く綺麗に揃った美しさが特徴です。

 

ウォールナット 無垢材の家具

ウォールナットは見た目の美しさだけでなく、耐久性・加工性にも優れており、衝撃に強く加工がしやすいため、様々な家具に使われています。使い込むほどに重厚感や風合いが増していくので、高級家具の材料としても人気です。
深みのある色合いと重厚感から、落ち着いた大人な雰囲気の部屋によく合います。


匠工芸 CREER
旭川家具  ウォルナット無垢材のリビングテーブル

 


インテリア北匠工房  FOLE
旭川家具  ウォルナット無垢材のダイニングテーブル

 


山室家具製作所 PROTO
旭川家具  ウォルナット無垢材のデスク

 

強靭で壊れにくく豪華客船にも使われる高級木材【チーク】無垢材の家具

表面が油で覆われており、触るとロウのような感触があるチークの無垢材。そのため水や虫に強く、海水でも腐りにくい特長を活かして船の甲板や内装材に使われてきました。
有名な豪華客船クイーンエリザベス2号や高級列車のオリエント急行などの内装にも使われています。

 

チーク 無垢材の特徴

チークは、アジアの熱帯モンスーンに多く分布する落葉樹で、生長に時間がかかる種類です。
切ったすぐ後は黄色で水分を多く含んでいるため十分に乾燥させる必要があります。時間をかけてしっかりと自然乾燥させたチーク材は、割れや裂けへの耐性が高く、木目が詰まっており硬く強靭な素材です。ものによっては木目の中に水晶を含む場合があり、鉋などでけずるのも一苦労なほど硬いため摩耗にも強い素材です。
また油分を多く含んでおり、酸化・防虫・防水・腐食などの耐性も高く、チーク材の家具は耐用年数が非常に長いです。

 

年月が経過すると木目の中にある黒い樹脂が抜けて、段々と金褐色に変化していくので、長く使って風合いの変化を楽しめる素材です。

 

丈夫で美しい木材なため、一度別の用途で使われていた木材を、古材として別の製品へ再利用されることも多い木材です。古材のチークは、安定性・耐久性が高く、古いものの方が価値があり、価格も高価となっています。

 

チーク無垢材の家具

チーク材の家具は水に強いので、アウトドアや庭などに置く屋外用の家具が作られています。
主産地のミャンマーでは、現在は輸出が禁止されているため、入手が困難となっています。

 

ヨーロッパで大人気。もはやアンティークでしか手に入らない【マホガニー】無垢材の家具

マホガニーはセンダン科のマホガニー属の植物で中南米が主な産地です。「マホガニー」とは「黄金色」を意味しており光沢があり赤みを帯びた木肌の美しさが特徴です。柔らかく加工がしやすいため、室内装飾や家具、楽器、彫刻、船舶や自動車の室内装飾などに用いられてきました

もともとは1700年代にウォールナットの代わりとして使われはじめたマホガニー。木目が締まっていてとても頑丈、それでいて軽く加工もしやすいので、繊細な装飾の家具が造られるようになってイギリスで大人気となりました。
しかしその人気と価格の高騰により、違法に伐採・乱伐され中南米のマホガニー材が絶滅に近い状態になってしまいました。現在では資源であるマホガニーを守るため、【ワシントン条約】によって天然木の取引が制限されています。そのため希少性が非常に高く、日本では本物のマホガニーを見ることはほとんどできません。

 

マホガニー 無垢材の特徴

マホガニーは、木目が詰まっておりまっすぐで、収縮や歪みも少く、かつ耐久性が高い木材です。
しかも軽量で、やわらかく加工しやすいため、線が細く繊細な透し彫りなどのデザインを用いた家具などに多くつかわれています。
色は、外側が黄身がかり中心部に向けてだんだんと赤褐色となるため、使用する部分によって様々な木目がみられます。また、経年変化により、赤の深みがまし美しい赤褐色となることが特徴です。

 

マホガニー 無垢材の家具

現在販売されているマホガニー材の家具は東南アジアで植林されたマホガニーと同じ「センダン科」のカヤ属の樹木だったり、木目がよく似ているカバ桜などに染色を施しマホガニー色として加工されたものが多いです。
本当のマホガニー材を使用した家具は、アンティーク家具で楽しむことができます。

 

まとめ

ここまで世界三大銘木【ウォールナット】【チーク】【マホガニー】のご紹介をしてきました。
ご説明した通り、チークとマホガニーは手に入れることが難しく、アンティークや有名建築などで見ることができます。
一方、ウォールナットは現在でも様々な家具の材料として使われる非常に人気の高い木材です。この機会に世界三大銘木の一つ、ウォールナットを家具に取り入れてみるのはいかがでしょうか。

ウォールナットを取り扱うおすすめ店
メーベルトーコー
カンディハウス
cosine
MUKU工房
東邦木材