ページ上部へ戻る

家具お手入れ辞典

2020年01月31日(金)

木製家具の傷はなくなります!!意外と知らないビックリ補修方法!!

旭川木工センター


新居に引っ越して新しく購入した家具も、次第に傷がついていくものです。
小さな子供がいたらなおさら色んな傷や汚れが出てしまいますね。
そんな傷を家にあるもので目立たなくする方法を試してみました。

 

ヤスリを使用

 

①粗めのヤスリで削る。
②細かめのヤスリで削る。
③オイルを塗っていく。

 

シンプルな流れで、誰でも簡単に補修できます。
まずは、粗めのヤスリで天板を削っていきます。

 

ヤスリがけの際には、傷部分のみを削るのではなく、
周りを含めて広くヤスリがけを行うと、周りとの差がなくなり、きれいに仕上がります。

その後、細かめのヤスリを使用し、表面をなめらかにしていきます。
ここで表面のオイルが取れた状態になったので、オイル塗装をします。

メンテナンス用のオイルをまんべんなく塗っていきます。
あとは、オイルが乾くまで5時間ほど待ち、天板を軽く乾拭きしておくと、
べたつきもなく気持ちよく使えます。

 

【家にあるもので代用】

 

家にあるもので目立たなくする方法もあるので、ご紹介いたします。

〇オリーブオイル
〇お酢

こちらを1:1の割合で混ぜて傷口に塗り込むというものです。

 

このオリーブオイルとお酢を混ぜたものを傷口に垂らして丸めたキッチンペーパーで塗り込んでいきます。

もちろん傷はえぐれているので根本的には直っていないのですが、かなりの変化が表れます

塗り込んだ後は乾いた布などでオイルを拭き取って終了です。
お酢が入っていますので若干酸っぱい匂いがしますが、拭き取れば直ぐに匂いは無くなります。

 

この方法は木目に出来た傷口にお酢とオリーブオイルを塗り込んでニスのような役割を果たし、
周りと馴染ませて目立たなくする方法です。
よって木製以外には使えないのでご注意下さい

また、傷を目立たなくするものであり、完全に傷が消えるものではありませんので、そこも理解しておいた方が良いと思います。

 

木製家具は、汚れや傷のケアは欠かせません。
使用されている木材、そして傷のタイプに合った正しい方法でお手入れを行い、
長く愛用していってあげましょう。

 

 

家具お手入れ辞典もくじ

家具職人が教える 木製家具を長く使うためのメンテナンス方法をご紹介

これで問題解決!木製家具のマジックやクレヨンの汚れを落とす方法!

困った!!木製家具の汚れがひどい際のお手入れ方法まとめ!!

木製家具の傷はなくなります!!意外と知らないビックリ補修方法!!

 

これからも家具のお手入れ方法をどんどんご紹介していきます。

家具お手入れ辞典はこちらをご覧ください。